わきがについて考える

ワキの下に汗をかき、時間が経つと嫌なニオイに変わります。ワキの下のニオイは独特で、自分で嗅いでも臭いと思いますね。
ただ、ワキのニオイがするからと言って、全ての人がわきがというわけではありません。
わきがというのは病気の一つになります。ただ汗臭いのとは違って疾患ですから、わきがを完全に治したい場合は治療が必要になります。

 

ワキの下には、いくつかの分腺が存在します。皮脂腺やエクリン汗腺、アポクリン汗腺が集中し、汗や脂を分泌しています。
皮脂腺は体中にありますが、特に頭皮や顔に多くある分泌腺になります。皮脂腺からの分泌が多い人は、ニキビができるなどの肌トラブルが起こる場合もあります。
また、エクリン汗腺からは汗が分泌されニオイを放ちます。しかし、エクリン汗腺から分泌される汗は99%が水分となっているため、わきがのような独特のニオイではなく、サラッとした汗のニオイです。
そしてアポクリン汗腺ですが、わきが独特のニオイを作っているのがこの汗腺になります。アポクリン汗腺から分泌されるのは汗だけではありません。脂肪やアンモニア、色素、鉄分といった物質が同時に分泌されるため、汗自体にはニオイがなくても、それらが混ざってわきがのニオイになるのです。
また、アポクリン汗腺から分泌された汗は、粘度があることも特徴です。
ワキの下がべた付いたり、衣類のワキの部分に黄色いシミができるのも、アポクリン汗腺が原因となります。
強くて独特なニオイを発生したり、黄色いシミができる位の汗をかくようでしたらわきがが疑われます。

 

わきがは遺伝によるものが大きいと言われています。確率的には50%とされていますが、わきがが遺伝していれば思春期には症状が出てくるでしょう。
また、人種によってもわきがの確率は違ってきます。日本人の場合は全体の10%程度の人がわきがとされていますが、欧米人は70%の人がわきがだと言われています。また、同じアジア人でも中国では5%と確率が低くなっています。食生活の違いによってわきがも変わってきますから、わきがを改善するなら食生活を見直すことも視野に入れましょう。

 

わきがを完全に治療するなら、手術を受けたり薬によって治療できる場合もあります。専門の医療機関に相談してみましょう。
また、自分でわきがを改善したい場合は、クリーム剤などを使ってニオイをもとからケアする方法もあります。
自分に合った改善方法を実践してみませんか?