わきが治療の方法とは?

ワキ汗のニオイがきついと、自分はわきがかもしれないと疑ってしまいますね。しかし、単なる汗のニオイなのかわきがなのかを判別することは、素人にとって簡単ではありません。
もしわきがだったとしても、落胆する必要はありません。わきがは治療できない症状ではありませんから、積極的に専門医療機関で診てもらいましょう。
わきがさえ気にならなくなれば、もう悩む必要はないのです。人と接するときも大勢の人の中にいても堂々としていられます。

 

専門医療機関でわきがを治療する際は、手術療法やボトックス療法、薬物療法といった方法があります。これらの有効な手段の中で、一番高い効果を実感できるのは手術療法になります。
わきが治療の手術で行われることは、アポクリン腺を取り除くことです。ニオイの素をだしているのがアポクリン腺ですから、なくなってしまえば嫌なニオイを発することはありません。
また、わきが以外の汗に関する悩みには多汗症がありますが、この場合の手術でも、汗を出している汗腺を除去します。汗腺除去は一般的に行われている方法で、最も効果が高いと言われています。
他の手術では、吸引法と呼ばれる手術もあります。こちらもアポクリン腺除去を行います。

 

ただ、手術を受けるということは、コストがかかりますし副作用の心配もあります。副作用では、汗腺が減ったために他の汗腺から出る汗が多くなるという症状があります。

 

手術以外でわきがの治療をする場合は、薬物療法があります。薬物といっても内服薬ではなく、患部に塗って治療をするものです。ワキの下に適量を塗り、ニオイを抑えます。
しかし、塗り薬では一時的な効果はあっても完全にわきがが解消するわけではありませんから、根本から解消するのであれば、やはり手術が有効になります。

 

また、ボトックス療法ではわきがの原因であるアポクリン腺にボトックス注射を行います。注射後は汗とニオイを抑えることができます。ボトックス注射の効果はしばらく続きますから、暑い季節だけ対策を取りたいという方や、手術を受けることができないときには有効です。
ボトックス注射にかかる医療費は保険が適用されるため、それ程高額にはなりません。

 

わきが治療にはこのような方法がありますから、自分の症状の度合いや都合に合わせて選びましょう。